師走の頃

  • 2017.12.01 Friday
  • 21:37

JUGEMテーマ:ドール

 

早いものですね

今年も残す所あとわずかになりました

月の異名は古くから使われているものなのではっきりとした意味や由来はわからないようですが

師走、いつもは威厳ある行動、落ち着きある物腰のお方までもが慌ただし走り回る

そんな姿までも浮かんでくるような二文字の季節ですね

たった二文字の言葉で季節を表す日本語は美しいですね

 

先日梅さんのお母さまより

お写真を頂きました

 

 

 

とっても上品な梅さんが素敵にお着物を着こなしてくださいました

赤の鬼縮緬のお着物の印象の梅さんでしたから

どんなふうになるのかわくわくしておりました

 

とっても品があります

 

梅さんよかったね

 

そしてKさまありがとうございます

 

Kさまのジュモーちゃん

ナターシャちゃんも素敵にドレスを拵えて頂きました

本当良くお似合いですね

 

お写真ありがとうございます

 

 

 

滝澤光龍斎 小鳥音ちゃん12号

  • 2017.11.20 Monday
  • 12:47

JUGEMテーマ:ドール

昨日から雪が降り積もりました

今年は真っ白になるのが早くて

ビックリしています

山桜の紅葉した木々に白く降り積もった雪景色は

とてもきれいです

小さな雀がふっくらととても可愛い姿です

小鳥の様な可愛い市松人形

二代目滝沢光龍斎市松人形、お名前小鳥音ちゃん

小さな可愛い小鳥のさえずりをイメージしてお付けいたしました

この子にピッタリです

豪華で可憐さはないけれど

さりげなく、そっと寄り添ってくれる様な

そんな娘です

 

 

お誂えのお着物が傷んでおりましたので

新しくお誂えいたしました

朧月ちゃんとお揃いのピンクの銘仙古布からお仕立てです

 

 

優しい穏やかなお顔の光龍斎

ムック 緑青の本に掲載されました市松人形

髪の毛もたっぷり抜けもほとんどない

状態の良い子です

お顔お傷ありません

 

 

雪が降った午前中は大変明るかったので

窓際でお写真を撮りました

 

お外の雪にびっくりしたかしらね〜

 

梅さんの鬼縮緬の帯のお仕立て

  • 2017.11.12 Sunday
  • 10:24

梅さんは幸せです

とってもやさいいお母さまに出会えた事

そして素敵なすてきはお誂えを頂けて

先回ご紹介いたしました

紫の紋暈し振袖のセットの他、

ただ今お召頂いております

赤の鬼縮緬のお着物に帯をお仕立ていたしました

画像の帯は簡易的に紅絹に綿を入れて巻いてもらっていました

 

 

 

梅さんのお母さまはそんなふんわりした雰囲気を壊したくない

やさしい梅さんらしい帯を、との事でした

 

骨董屋さんのおかみさんは何でも知っていて

昔の帯や着物には薄く綿を引いて着ていたとお聞きしました

着物にはよく真綿を引いた物を見かけますが

帯まで知らなかったものですから

綸子地でお仕立てした子供の帯など

お色が私の思う赤ではなくて

 

そんな中綺麗な赤を見つけました

襦袢地のお袖部分です

 

 

梅さんの帯にお仕立てするほどの用尺があり

即、決めました

帯芯ですと、かたくなりますので

半幅帯のとてもやわらかい物を選びました

 

解きの作業は大変ですけれど

丁寧に解きをしないと

裂けてしまいますから、人目ごとに糸切ばさみを入れて行きます

 

真綿が重なった状態です

これを1枚ずつ薄く延ばして引いてゆきます

 

角の部分がきちんと入る様

バイアスの状態で置いて優しく均等に

包んで行きます

 

今日は右からお針をすすめて行きます

 

真綿を薄く引き伸ばしてバイアスにして引いてゆきます

胴になる部分は2枚引きました

 

 

こちらでお仕立てしようと購入しました綸子の帯が

思わぬ朱に近いお色でしたので却下しました

 

大きな光龍斎ちゃんがいましたので

モデルになってもらいました

 

 

胴部分がふっくらと、優しい風合いの帯になりました

梅さんの帯締めもお預かりしておりましたので

合わせてみました

 

丁度梅さんの大きさの子がいなくて

お着物は着せませんでしたが、雰囲気のある帯でとても素敵です

 

JUGEMテーマ:ドール

 

これから髪飾りをお仕立ての予定です

つまみ細工も可愛いですね

 

アンティークの着物の赤のこだわり

  • 2017.10.31 Tuesday
  • 19:04

梅さんのお着物も最終段階に入りました

しごきのお色がいまいちでしたので

ピンクに変更いたしました

こちらの方が全体のイメージが上品です

 

 

梅さんは60cmと市松人形さんでは大きな方で

18号です

 

 

バランスの整った本当にきれいな子です

きっとこのお誂えも喜んで頂けると思います

 

次にかかりますのは、お持たせの梅さんお着物

大正期の鬼縮緬のお着物に合わせた帯になります

お客様のご要望で無地に近い赤のお色の帯をお探しいたしました

 

私事ですが、アンティークのお着物の赤色にはこだわりがあって

本当の赤、やはり素敵と思います

 

縮緬も赤のお色になりますと

別称号の様に赤縮緬と詳記され

その赤色はたとえようもないほど美しいのです

 

このたびご用意したアンティークの帯は

立涌に草花模様織出し地模様のシンプルですが

朱のある帯を使おうと思います

 

 

帯をシンプルにすればするほど、お着物の良さが映えて

鬼縮緬の良さが際立つともいます

 

出来ましたら画像アップいたしますね

 

我が家の娘の成人のお祝いの時

黒の振袖と赤の振袖を用意しました

 

 

どちらもアンティークのお品物です

黒振袖と半衿箱せこや畳表の草履は親戚の方に頂きました

赤の縮緬のお着物でお祝いのお食事に行った時の写真です

今ではあまり見かけない濃い赤色です

 

 

 

 

 

 

お人形が繋ぐご縁に感謝して

  • 2017.10.29 Sunday
  • 10:08

ブログを更新するの久しぶりになります

8月の後半より入退院を繰り返し、やっとこの所体調が戻って参りました

一気に体重が16キロほどやせていまい歩くだけでしんどかった

大好きなお人形遊びもできないほどでした

オーダーでお仕立てして頂きましたドレスを先日あけて

ビスクちゃんに着せてあげ、お仕立てもさることながら、優しいお心使いの言葉や

梱包も綺麗でとても、とっても癒されました

ありがとうございました

お人形が私を元気にしてくれ、お人形を取り巻くすべて、お人形で繋がった方々に

感謝の気持ちでいっぱいです

 

先日お人形大好きな方達に誘って頂き素敵なお人形にご対面して参りました

病後ふさぎ込んでいた私ですが

この会を開いて下さって本当に元気になりました

ありがとうございました

 

私の大好きなお人形作家様sayuriさんのお人形を愛でながらのお茶会は至福のひと時でした

私もいつかsayuriさんのブリュのオーナーになりたいです

近くで見ると本当に素敵なんです

えっ、こんなにちいさかったの?と思うほどびっくりしました

インチのよく分からない私(笑)

お写真で大きく見えるのは、その細部にいたるまで繊細だからなのでしょうね

オーナー様もそうおっしゃっておりました

お衣裳替えまでさせて頂き、感激*****

sayuriさんのお人形をいったん手にすると他のお人形はほしくないと思わせるそうです

たしかに私も実物を見てそう思いました

虜にする人形を作れる人形師その一人がsayuriさんだと思います

 

 

 

 

ただ今オーダーを頂いております

梅さん60cmの市松人形さんのお着物一式もう少しで完成です

時間をかけて1つ1つお生地から決めて参りました

この度は入院もあり私事で長くなってしまってオーナー様、そして梅さんに

申しわけなかったです

 

優しい梅さんにぴったりのイメージに合わせて選びました

お襦袢に骨董屋さんで30枚以上の半えりから選んだお品物

付けております1枚

 

 

左からの縫い針です

実は私左からも右からも縫えるのです

細かい所は何故か左、大きく縫う直線は右と、そんな感じで縫います

とっても繊細なアンティークの半えりです

 

丁度梅の柄のやさしいお着物を着た子がおりましたので

淡いピンクの梅柄の地模様のある錦紗です

 

 

 

帯と帯留めの梅をあしらってみました

何故かなぜかピッタリなのです*****

 

 

 

出来上がりイメージの画像です

こちらは違う半襟を入れても画像です

どちらも捨てがたいほどお似合いでした

梅さん気に入って下さいます様に*****

JUGEMテーマ:ドール

 

来週にはすべて整いお届けさせて頂きますね

いつも優しく対応してくださいますK様

ありがとうございます

 

 

 

 

 

 

市松人形 すみれちゃんのお着物

  • 2017.07.29 Saturday
  • 22:34

以前ご紹介させて頂きました

市松人形 光龍斎のまつ毛付きのすみれちゃんです

お母さまよりお着物のお直しのご依頼を頂きました

 

 

こちらはお直しをいたしましたお着物の画像をお母さまより頂きました

比翼としごき、帯締め、帯揚げ、半衿を新たに付け加えて

お着物もすみれちゃんも生き生きといたしました

実はお着物に比翼がありませんでした

半衿も、アンティークの刺繍の豪華なものにいたしました

 

 

こちらはモデルの松風ちゃんです

大きさが同じ子でしたので、あんばいを見させて頂きました

 

帯締めはお人形用に誂えました

絹糸の組紐です

 

比翼はアンティークの振袖襦袢、綸子地模様の絞りでお仕立ていたしました

良いお人形にぴったりの豪華な比翼です

 

帯揚げは縮緬のアンティークの帯揚げです

 

 

愛情いっぱい詰まった素敵なお着物一式になりました

沢山 沢山 お話しして、一番すみれちゃんにお似合いを決めて行きました

それはたのしいお時間でした

 

すみれちゃんのきりりとしたお姿に負けない良いお支度になりました

 

お母さまより頂きましたお写真です

お嬢様3人、どれも光龍斎のお嬢様です

作られた時代で作風が違いますね

どの子も本当に可愛いです

青いお着物を着ている子が我が家から嫁いで行きました

和ちゃんお名前改めまして桃香ちゃんです、お着物が違うと、違ってみえますね

赤いお着物のお嬢様は光子ちゃんと申します

この子は髪飾りも可愛らしくお誂えさせて頂きました

帯揚げはお揃いです

大切にしてくださいまして

感謝しかありません****

可愛がってくださいましてありがとうございます

 

 

次のお着物のお支度は梅さんのお着物です

梅さんはすみれちゃんのお母さまでもあります

お着物選びもすみました

アンティークの縮緬暈しの紋付きからお仕立ていたします

少しお時間かかりますが、素敵なお着物になる様、精一杯させて頂きますね

 

すみれちゃん 喜んで頂けます様に****お祈りしております

 

 

 

 

 

 

 

 

市松人形 松太郎君

  • 2017.06.30 Friday
  • 14:50

JUGEMテーマ:ドール

お直しと、お着物をお誂えのご依頼を頂きました

市松人形、松太郎くんがお母さまの元へ帰られて少しの時間がたちました

松太郎くんがおりました所がぽっかりしております

そして、数日の頃大変仲良しのおんくんも素敵なお母さまの元へ旅立ちました

 

少しお時間のかかるお針でしたので

松太郎君とおんくんは沢山のお話しをしたのでしょうね

我が家は男の子がほとんどいなくて、

女の子がとても多いお家です

 

おんくんは初代光龍斎の小さな男の子で純粋な心の可愛い子でした

松太郎くんが来た時から、目を輝かせて、お友達になりたいといつも一緒におりました

 

 

松太郎くんは最初はお着物だけをお仕立てでしたが

なぜこころがそわそわして、早くお着物を脱がせなくてはと

脱がせようとしましたが、びっくりです

全て釘で打ち付けられていました

 

 

新聞の切り抜きがありました

昭和37年1月4日です

松太郎君のお誕生日とさせて頂きますね

 

 

胴紙が焼けた感じになっていたので、丁度の所で切り、朱印を張り付けさせて頂きました

これでお座りが上手できますね

 

 

 

 

本当に可愛そうで

1本1本ペンチで丁寧に抜いたら、ほっとしたように笑ってくれました

 

お人形が苦手な人はここから閲覧禁止です

解体し綺麗なお手手と足を付けました

お座りもできるようにとのお母さまのご希望で

ゆっくりお座りさせて頂きました

 

大がかりな手術に耐えて、ほっとした表情の松太郎君です

 

 

お着物が出来上がり

松太郎君の晴れ着です

 

 

もっとお天気の良い時に撮影したかったのですが

それでも松太郎君の笑顔は晴れやかです

 

 

 

松太郎くん、素敵なお時間をありがとう

二人仲良くしていた姿は忘れません

男の子のお話は何をお話ししているのでしょうね

私には想像もできませんけれど

きっと、とっても楽しいお話しなのでしょうね

 

松太郎くん 縮緬雀柄のお着物 10号

  • 2017.06.09 Friday
  • 22:35

JUGEMテーマ:ドール

 

縮緬 雀柄のお着物がもうじき完成です

 

 

シックなお色目でしたので、ふきは紅絹で、比翼は鹿の子で致しました

 

 

お座りの男の子、お名前は松太郎君です

物静かな男の子です

お母さまと離れて、しばらくになりますが、じっといい子にしておりました

我が家の初代光龍斎のおん君と一緒に過ごしておりました

我が家には男の子が少なくて、松太郎君もおん君も嬉しそうです

 

雀のお着物は広袖で、小さい松太郎君の場合袖口を糸で止めさせて頂きました

 

 

 

 

 

 

半衿は江戸縮緬を使います

小さな小菊がほんの少し顔を覗かせます

半衿は少ししか出ない部分ですが

だからこそ、大切な場所です

人間のお着物でも少ない場所です

お人形のそれも10号以下のお着物の場合は

慎重に選ばなくてはなりません

こんな粋な計らいがお着物を生き生きさせるのだと思います

 

 

 

 

帯はお色目からお似合いを選ばせて頂きました

シックで素敵なお誂えになりました

男の子ですが、帯締めもシルクの組紐で飾ります

イメージで合わせてみました

お着付けの時はちゃんと結びます

 

 

あと少しで出来上がり

松太郎君待っていてくださいね

 

松太郎君も次回ご紹介させて頂きますね

縮緬の雀柄のお着物

  • 2017.06.01 Thursday
  • 15:59

縮緬の可愛い雀柄のお着物をお仕立て中です

こちらはお仕立てのご依頼を頂きお仕立てしております

男の子のお着物で広袖でのお仕立てです

 

 

裁断と身頃までお仕立ていたしました

お針が遅くてお待たせいたしましてごめんなさい

 

 

JUGEMテーマ:ドール

市松人形松太郎君今しばらくお待ちくださいね

お預かりしております

そろそろお家が恋しい頃ですね

急いでお針進めますね

 

雀もいろんな子がおりまして

一番可愛らしい子をメインに持ってまいりました

バランスもありますので

十分考慮いたしました

 

お袖はたっぷり綿を入れて

豪華に致しましょうね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

市松人形 瀧澤光龍斎 すみれちゃん

  • 2017.05.26 Friday
  • 23:34

とっても素敵なお嬢様をご紹介させて頂きます

 

 

先日お着物のお仕立てをさせて頂きました

光子ちゃんのお母さまより

姉妹のすみれちゃんの髪飾りのご依頼を頂きました

髪飾りは小さいけれども根気のいる手仕事で少しお時間を頂きますが

すみれちゃんにお似合の髪飾りご用意させて頂きますね

今しばらくお待ちくださいませね

 

 

一緒に我が家から嫁ぎました和ちゃん、改めまして、桃香ちゃんの

髪飾りもお仕立てさせて頂くことになり

本当にうれしいです

 

すみれちゃん、とても とても素敵なお嬢様です

ここでご紹介させて頂ける事お母さまkさまに感謝しております

 

頂きましたお写真でございます

この子はまつ毛のついたとても希少な子です

眉毛も書き眉でお手手も作りが良いのでしょうね

お顔も上品で品格のある雰囲気の子ですね

 

やさしいお母さまと巡り合えて幸せそうで

安心したお顔が物語っています

 

お人形はお母さまを選んで行くものなのですね

 

群青のきれいなお着物にお似合いをお誂えいたしましょうね

薬玉の髪飾りも素敵かしら

あれこれ考えます

すみれちゃんに一番はなにかしら***

そっと小さなお声でお母さまにおっしゃるのでしょうね

 

楽しみに待っておりますね

お写真ありがとうございました

JUGEMテーマ:ドール

 

PR

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

selected entries

categories

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM